本文へジャンプ メニューへジャンプ
ここから関連メニューです

現在位置

フェニックス銘柄制度

フェニックス銘柄制度とは

フェニックス銘柄制度とは、日本証券業協会が取引所上場廃止銘柄を保有する投資家に対する換金の場および上場廃止会社の再生を援助できる仕組みとして、2008年3月からスタートさせた制度です。

グリーンシート銘柄制度同様、金融商品取引法上の取引所市場とは異なったステータスで運営されています。


フェニックス銘柄は、2016年6月30日以降、指定されている銘柄はありません。
そのため、同日以降の気配・約定情報は掲載しておりません。

※本協会「非上場株式の取引制度等に関するワーキング・グループ」報告書の内容等を踏まえた自主規制規則「金融商品取引業の拡大等に伴う自主規制規則の一部改正等について」を公表いたしました。 

【注 意】
実在する証券会社を騙って偽造したパンフレットを用いて、グリーンシート銘柄ではない銘柄(株式会社新日光ソーラー株式)をグリーンシート銘柄として勧誘しているケースが見受けられました。日本証券業協会においては、これまでに株式会社新日光ソーラー株式をグリーンシート銘柄として指定したことはありません。

現在のフェニックス銘柄指定社数(2016年6月30日現在)
 0銘柄


フェニックス Phoenix

適時開示情報履歴

適時開示情報履歴

適時開示情報等の履歴をご覧になりたい方はこちらをクリックしてください。
(LAST UPDATE 2016/6/17)

--------------------------------------------------
関連リンク